portytravel

旅のこと・ごはんのこと・ムエタイのこと・気になることを綴るblog

*

【中国市場】ウスリースクから中国行きは断念/おもしろい市場にたどりついた!

      2017/07/25

【2017年GW⑮】5月1日(月) ウスリースクのバスターミナルと中国市場

ウラジオストクから約2時間、ウスリースク駅に到着しました!

とりあえず当てもなく外に出る。ちなみに駅のトイレは有料。

なんていうか、地方都市感がすごい。 

駅前にバスが停まっていたから、数名に中国行きのバスは?って聞いてみたんだけど、みなさんわからない、とのこと。

タクシーの運ちゃんに聞いてみたら、なんと、他の場所からもバスが出ているということで!
そのままタクシーでバスターミナルへ連れて行ってもらった。たしか100円そこそこの運賃でOKだった。

タクシーを走らせて5分くらいでバスターミナルに着いた。

どうかな、中国まで行けるかな。 

国際線のチケット売り場。中国語表記があるから、これは期待できるぞ!国際線の売り場のおばちゃんは英語も話せた。

で、「牡丹江」行きのバスはが何時に出るか聞いてみた。
ちなみに、中国の地名のロシア語表記したメモを持参したのが大変たすかった。

牡丹江行きのバスは、やはりここウスリースクから出ていたよ!
が、しかし、、、朝8:30出発なんですって。毎日なのか、曜日が決まっているかはわかりませんでした。

ちなみに、たくさんロシア人が訪れるという「綏芬河」行きのバスを聞いてみたけど、出ていなんだって。
これは意外な答えだったなー。綏芬河の街中はロシア語だらけだって聞いていたのに!たぶん、違う場所から出ているんだろうな。

ここらへんに1泊して、明日の朝のバスに乗っても良かったんだけど、めんどくさくなってやめたw
ここからまたバスで7時間とかかかると思うんだよね。そう思うと、ウラジオストクに戻りたくなってしまった。

まぁ、悪くない選択だったw
せっかくウスリースクに来たのだから、ここらへんを観光してみよう。
ということだったのですが、行きの電車でスマホいじりすぎて電池がほぼない、、、ターミナル内の電源にはなにやら注意書きがあるったので、さすがに使えないし、、、
2階にカフェがあったので聞いてみたら、50ルーブル(約100円)払うと電源使ってよいシステムだった!超ありがたい!

しばし休憩しながらひたすら充電、、、
ウスリースクの情報を調べてみると、なんと「中国市場」なるものがあるではないか!!
これは行くしか、、、嬉々として出発した、、、(充電してからw)

外に出るとタクシー運ちゃんが声掛けてきたから、Google翻訳で「中国市場」をロシア語にして見せてみた。通じた!

金額を言われたので、地図見た感じそんなもん?と思ってそのまま乗車しました。
で、しばらく走ったんだけど、あれさっき調べた場所と違う方行ってるようなのでドキドキした、、、
どうやら着いたみたい!!

タクシーの運賃、私は1桁勘違いしていたみたい、、、たしか500ルーブル(約1,000円)だったかな?まぁ、それなりの距離だったしね、、、

43.827007, 131.948256

 

とにかく、めっちゃ楽しそうな場所に到着したのですよ、、、

小さなお店がずらりと並んでいて、ワクワクするのなんのって、、、 

中国市場というだけあって、華僑の方が多い印象。でもロシア顔の人もいた。

ウラジオストクの街中しか行ってなくて、市場を見かけなかったから(後日、近郊の市場は行ったよ)、みんなどこでモノを買っているのかな?って思っていたんだけど、あるんだね。

わぁー、すごいな。モノが溢れているよ! 

フッサフサの猫ちゃん! 

なんだろうね、、、この青いビニールシートって世界共通なのかな、、、雰囲気出るよね、、、

やっぱりさ、ぜんぶニセモノなのかなぁ?このNIKEのジャージなんて、カワイイじゃん?見たことないデザインだしさ、、、 欲しかったな。

すごく暑い日で、ウロウロすると汗をかいちゃうくらいだった。

あと、すごく埃っぽい。

ロシア顔の男性陣、なんだけど中央アジア系の顔も入っているような気もする。

それなりに広い市場だったし、よくわからないお店が多くておもしろいなー。

休憩したいしなんか食べたいなぁって思ったんだけど、やってないっぽいね、、、

ごはん食べれるところ探したい。ウロウロ。

教会もあったよ。

裏道に入ってしまい、ちょっとビビりながら写真を撮っていたら謎のロシア人が向こうから歩いて来て、あぁ、このひとたちがロシアマフィアで「見てはいけないものを見てしまったな、、、」とか言って一撃ズドンかもしれない、とか考えてたけど何も起きなかったから良かったw 

さて、おいしい中国料理に出会えるのでしょうか、、、次回もう少し市場レポート続きます!

 - ロシア , , , ,