portytravel

旅のこと・ごはんのこと・ムエタイのこと・気になることを綴るblog

*

東南アジアとの出会いのキッカケはお父さん

   

私が初めて日本から出たときのお話。

今から15年前、私がまだ高校1年生・15歳の頃でした。

 

2歳上の姉とふたりで夏休み、バンコクに単身赴任しているお父さんに会いに行ったのです!

航空券はバンコクにいるお父さんが取ってくれて、入国カードの書き方をFAXで送ってくれたっけね(笑)何もわからない高校生ふたりでよく行ったなー。

 

当時は、まだスワンナプームではなくて、ドンムアン空港でした。よくわからないまま空港の外に出てお父さんを探す、、、すごく不安だったのを覚えています、、、

「あーーー!!!お父さんいたーーー!!!!!」

ひさしぶりに会ったお父さんは、異国の地で何故だか小さく見えましたw(元々背が低からかね)

 

余談ですが、私のお父さんは6年程バンコクで仕事をしていました。

今でこそファミリーマートなんかもたくさんあるようですが、15年前、コンビニが出来始めたころに、物流の基盤を作ったのがうちのお父さん(らしい)。そのように聞いている。

本当だったら(失礼っ)すっごいなーって思う!だからすごく尊敬しています!!自慢のお父さんやー!(エッヘン)

 

当時はそんなすごさもわかっていなかったわけですが、小学校高学年から高校までお父さんと別居状態ですから、「お父さん汚い!!」みたいな時期も迎えずに済んだように思いますww

 

そんなお父さんにアテンドしてもらうタイ旅行なのです。

まぁなんと、専用車に専属ドライバー付。びっくり。

さらにはスクンビットにある、ロビンソンデパートの上階マンションに住んでおりました。

お父さん良い生活してるなーとは思ったよねwwビツクリ!

BKK

たしか1週間程の滞在でしたが、有名な観光スポットをまわり、当時タイ料理食べれなかったから(あぁもったいない)ひたすら日本食屋に行きw、アユタヤとかパタヤにも行った。

パタヤ

 

いかんせん自分で何も調べないで、本当に何も知らないで行ってしまったので非常にもったいない、宿・ドライバー付なのに、、、正直、記憶もあまりないけど(あぁもったいない)異文化にいろいろ衝撃を受けたことはなんとなく覚えてる。

 

それから10数年が経ち、私は東南アジアが大好きになりました。

なぜか東南アジアの国々に惹かれるのは、もしかしたらこのときの経験があったからかもしれないなー!!

お父さんがタイに行ってたから、テレビでタイのことやってたら意識していたし、それで無意識に興味を持っていたんだと思う。

 

なんていうか、子どもの頃は旅行なんて全然連れて行ってもらえなくて「ちぇっ」なんて思っていたわけですが、今考えれば経験が少ない分、割とどこに行っても感動できるから、それすらポジティブに考えられるようになりました。

お父さんがタイでがんばってた時代があって、今私が東南アジア大好きになれたから、なんだかうれしい。

 

これが、私の東南アジアとの最初の出会いのお話です!

好きになるのはまだまだこれから☆

 - 未分類