portytravel

旅のこと・ごはんのこと・ムエタイのこと・気になることを綴るblog

*

【旅のあれこれ】かかった費用・持ち物等まとめ<のんびりホイアン㊳>

      2016/02/04

長きにわたって「のんびりホイアン」と題してお送りして来ました今回の旅も、無事に終えることが出来ました。航空券やホテルなど、かかった費用をこちらでまとめておきたいと思います。

◆旅の費用について

主な交通費

①3/4 羽田(HND)→クアラルンプール(KUL) AirAsia
19,000円(受託手荷物なし)+手数料800円+Skybus(KLIA2からKLセントラルへのバス)458円=20,258

②3/6 クアラルンプール(KUL)→ダナン(DAD) AirAsia
6,240円(受託手荷物なし)+手数料279円+Skybus(KLセントラルからKLIA2へのバス)310円=7,009円

③3/8 ホイアン→ホーチミン TNKトラベルにてオープンバスを予約
5,292円(945,000VND:3/3のレート)

④3/12 ホーチミン(SGN)→クアラルンプール(KUL) AirAsia
6,040円(受託手荷物なし)+手数料755円=6,795円

⑤クアラルンプール(KUL)→成田(NRT) AirAsia
17,395円(受託手荷物なし)+手数料418円=17,813円

合計 57,167円DSC_0924

日程ギリギリにしては、まずまずの航空券が買えたのではないかと思います。あと3日早ければ5,000円は安く出来た気がする!
そして受託手荷物にしなかったのが大きい。日記中にも書きましたが、機内持込手荷物の重量に関しては、割と緩い印象。でも人や国によって違うと思うので、7kgにおさめるにこしたことはない。
ちなみにバックパックの大きさは縦長の40LTで余裕でした。50LT買えば良かったなー。(ご参考までに!責任は追いませぬ、、、)

ホイアンからホーチミンのオープンバスは、日本の旅行会社TNKトラベルを通して買ったので割高だと思います。現地のシンカフェやキムカフェ、ハンカフェなどで購入すればもっと安い。
しかし、TNKトラベルの日本人スタッフがメールでの問い合わせにも丁寧に細かく答えてくれて、とても好印象!予約が遅かったからか、問い合わせをしたあとに、値段が上がってしまいましたが。安心して日本から予約できるという点で、多少高くても仕方ないかなと思います。安心を買うっていう。
バスか鉄道か、などいろいろと相談したら、最新の時刻表や希望日の料金など調べて連絡くれました。しかもホイアンでパスポート忘れたときにも親切に対応してくれて命救われた、、、ほんとにありがたい。

宿泊費用

◆クアラルンプール
Bullockcart Hostel 929円/1泊
http://www.booking.com宿情報こちら

◆ホイアン
Homeland River Homestay 1,737円/1泊×2泊+手数料538円=4,012円
http://jp.hotels.com宿情報こちら

◆ホーチミン
New Saigon Hostel 813円/1泊×3泊+手数料378円=2,817円
http://jp.hotels.com宿情報こちら

合計 7,758円

なかなか良い宿を抑えられたと思う!ベトナムの2軒は、とても快適でした!!DSC_0155

その他

旅行保険(9日間) 3,110円

とくにこだわりがあるわけではないのですが、いつも損保ジャパン日本興亜の保険にお世話になっています(新・海外旅行保険【off!】)。しかし、保険を使わなければいけない状況にはならなかったので良かった。

現地で使ったお金

日本円46,000円持参。22,000円余らせて帰国しました。+ベトナムドンで2,000円分は持って行ってるはず。なので26,000円使った計算。

宿、飛行機は全部事前にクレジットカードで購入しているので含まれません。ホイアンからホーチミンへ移動したバス(5,292円)は、現地支払だった為、実際食事や買い物に使ったのは20,000円程度。1日2,000円。

こんなもんでしょうか。あまり物欲がない故、買い物しないから大きな出費は滅多にないのです。でもやはり、物価やすいなぁって感じます。ひとりだからいろいろたくさん食べれないし、レストランも行かないし、1食300円程度でもお腹いっぱいになれる。もっと抑えようと思えば抑えられるでしょうし!

とはいえ、昨年ベトナム行ったときよりかなりレート悪くなってた。なんだかお金の減りが早かったように感じました。ベトナムパワー。物価も上がってますし。そのうち、ベトナムパワーで日本より物価高くなって円安が進んで、とかなったりして、、、DSC_0509

 

◆持ち物まとめ

旅に持って行った荷物一覧

・カリマーバックパック(40LT)
・街歩き用のショルダーバック
・一眼レフカメラ
・スマートフォン(SIMフリー端末。現地SIM使いたかったけど結局使わず)
・パスポート(富士山カバー好評!)
・お金(日本円/ベトナムドン)
・ブランケット
・衣類用圧縮袋 2枚(キレイ服入れるのと汚い服入れるやつ)
・Tシャツ 4枚くらい
・デニム短パン 1枚
・レギンス 3枚
・マキシ丈ワンピ
・膝上くらいまでのワンピース(登場しなかった)
・白タオル 5枚(お年賀でもらうやつ薄くて好き)
・下着 4着くらい(ブラトップ最高)
・靴下 4足くらい
・スニーカー 1足(ニューバランス疲れない)
・ビーチサンダル(姉がHawaiiで買ってきてくれたトリーバーチでセレブ仕様w)
・ノートパソコン
・充電器各種(嵩張る、、、)
・化粧水(イプサの敏感肌用じゃなきゃダメな体質だから現地調達不可)
・日焼止め
・ウェットティッシュ
・サラサラパウダーシート
・歯ブラシ(歯磨き粉なくなって途中で現地調達)
・洗面用具(ブラジャー洗濯ネットとS字フックが超便利!)
・洗濯物干す紐(100均)、洗濯ばさみ、部屋干しトップ(小物洗ったりバスタオル干したり)
・常備薬(胃薬・頭痛薬・アレルギー薬・風邪薬)
・マスク(飛行機で必須)
・本(旅関係の本2冊)
・地球の歩き方(5年前のベトナム版いろいろ変わりすぎ)

こんなもんかな。

ホイアンでのんびりする予定だったからワンピース持って行ったりしたけど着なかったな。旅用にアジアっぽいマキシワンピあったらラクチンでいいなー。乾きやすそうだし。カワイイし。

そして結局40Lのバックパックがパンパンでした、、、
行きはパンパンだと思ったけど、帰るときにはお土産もそこそこ、嵩張るインスタント麺もそこそこ入ったので良かった!

そしてパソコンが重い。dynabook気に入ってるんだけど持ち歩くってなるとツライかなー。旅人みんなMacbook Air使ってるけど、私的にはWindows使いたいのでNG、、、となるとタブレットにキーボード付けて使うのが良いのか、、、でもそれだと容量がなぁー。とかいろいろ考えたりしてます。でもdynabook壊れるまで使うよ!

それから今回は、移動が少なかったし、勝手がわかってる国だったので、自分で洗濯もしませんでした。下着とか小物だけ洗って干しておきました。街の洗濯屋さんですら行くのめんどくさくて宿でお願いした。翌日には出来上がるし3日分の洗濯物が300円くらいで出来ました。

やはり経験つむと準備も楽だし、余裕が出てくるー。基本的には持ち物も変わらないからそのまま詰めるだけだしねwDSC_0934

 

◆まとめ

安い航空券を買いたいのなら、常に情報に目を光らせておくことをオススメします!いろいろな航空会社のTwitterやFacebookをフォローしておくとよろしいかと。

そして日頃から値段がどんなもんか確認しておくこと。LCCの会社でプロモーションやって「最後のチャンス!」とか言ってるけど、最安値でないこともw日々チェックしていると「あ、今が最安値だな」「これ以上安くならないだろう」っていうのがわかるから、様子を見て買い逃す心配もなし!!

まぁ、そんな時間がない人や、めんどくさい人は、お金を払えば良いだけの話でありますw実際、LCCだと深夜便・早朝便も多いから、いろいろと不便ではある。人それぞれ、何を優先するか、でしょうな。

私は「如何に安く航空券を買うか」ということが楽しみになっているので、労力かけますw航空券の値段見ながら、行き先を決めたりもしますし。そうやって、どんなルートを辿って、どんなパターンが可能かっていうことを、調べながら考える時間が、なによりも楽しかったりするのです。暇人ww

宿に関しても、失敗したくないのでめっちゃ調べます、、、当日に飛び込みで交渉して泊まれる人ってすごいと思う。今はいろいろな検索サイトがあるからとても便利。私は最低限の清潔さとシャワールームの状態を気にするので、口コミを読み漁る、、、口コミはかなり役に立つ!私も宿泊後は、できるだけ細かい情報を口コミに残すよう心がけておりますw

持ち物は、慣れですかね(笑)最初は何が必要か何にもわからなくて調べまくって、必要ないものまで持って行って「あ、これいらないや」って減らしたり、逆に「こんなのあったら良かった!」って思って追加したり。まぁ、行き先が変われば持ち物も変わりますし、人それぞれだとは思いますが、いろいろな人の持ち物をチェックして、自分が必要そうなものをピックアップすると良いかもしれないっす。なんか、偉そうだなww

と、いうことで。

今回は就活と内定の都合で出発がギリギリになり、航空券はちょっと高め。でも、クアラルンプールからダナンへの直行便があったのがすごく良かった!!いろいろ調べてみると「こんな路線あったのか!」って発見もいっぱいあるし、新しい路線もどんどん増え続けているから可能性も広がりますな。

身の丈に合った旅ができて大満足でございました!

また、帰国後に入社した会社にて「タイや中国を飛び回る社長の航空券を探す」というお仕事をたまにいただきます。ぜんっぜん苦にならないからうれしい!趣味が仕事に役立つとは、良いことだ。でも、謎の航空会社使ったり、変な乗継を使えないのがもどかしいww

仕事もがんばるのだー!!そしてまた、次の旅へ!!!

 - ベトナム, マレーシア, 旅のこと , ,