portytravel

旅のこと・ごはんのこと・ムエタイのこと・気になることを綴るblog

*

【宿情報】クアラルンプール「Bullockcart Hostel」<のんびりホイアン⑦>

      2015/12/18

3月5日(水)

お友達に会うために立ち寄ったクアラルンプール。
翌日は早朝のフライトでベトナムに移動しなくてはいけないので、立地と金額で選んだ宿はこちら。

【宿情報】

Bullockcart Hostel(ブロックカート ホステル)

No 50A Jalan Padang Belia off Jalan Tun Sambanthan , Brickfields, 50470 Kuala Lumpur, Malaysia

booking.comにて予約⇒ドミトリー 1泊 929円
http://www.booking.com/hotel/my/bullockcart-hostel.ja.html

No 50A Jalan Padang Belia off Jalan Tun Sambanthan , Brickfields, 50470 Kuala Lumpur, Malaysia

DSC_0025場所はKLセントラル駅から徒歩5分程。空港に行くバスがKLセントラルから出ているので、早朝で電車が動いていなくてもバッチリ!入口はすごくわかりにくいので、注意しながら見てね!DSC_0027インド人街、ブリックフィールズのほうにあります。人気が少ない通りにあるので夜はちょっと怖かったわ。DSC_0026安さと口コミで選んだのですが、まず早く着いちゃったけどチェックインさせてもらえたのでありがたい!!鍵のデポジット10RM預けるシステム。チェックアウト時に鍵を返却すると返してもらえます!

ロビーは薄暗くて、bookingの写真とまぁまぁ違うわwでもおしゃれな雰囲気を作ろうとがんばっている感はあるかな、、、そのまま部屋に案内してもらうと、これまた暗い部屋で病院のベッドみたいな2段ベッドが3台。そこでアジア系の女の子がお尻出して寝てた(笑)

わー印象悪いなぁこの宿、、、どにかく薄暗い、、、まぁでもそれぞれに鍵付きロッカーあるし、各部屋に鍵ついているし、寝るだけなら問題なさそうだ。隣は男性のドミトリー部屋のようで、上半身裸のメンズがぞろぞろと(笑)もしかしたらここらへんの労働者の定宿になっているのかもしれないな、勝手なイメージだけど。

で、昼間はそのまま出掛けたのですが、夜遅い時間に戻りました。宿の入口入ったところがロビーで、常に従業員が寝てたりするのでw安心といえば安心。

夜、部屋に戻るとアイスランドから来たというカワイイ女の子2人組がいて話しかけてくれた!すごく良い人だった☆ドミトリーというのは誰と同じ部屋になるかというのが大事だな。あとは自分の英語力、、、、、

そして問題はシャワールーム。共用のトイレが2個あって、狭いトイレの中、便座の真上にシャワーヘッドが固定されている私が苦手とするパトゥーン(笑)あぁしかもそんなにきれいなトイレじゃなくって小さな蟻とかもいるし、、、

ということでシャワー見送りw顔洗って歯磨きして、汗かきまくった体はサラサラシートで拭けば良いのだ。明日は移動だけだし。ほんとこういう免疫ついたわw

そんなこんなで気持ちよく就寝。寝れれば優秀。夜中、冷房が寒すぎて冷蔵庫みたいだったから消させてもらった。各部屋で調整できるからありがたいね。

翌朝6時に起床。暗い部屋でごそごそ準備して(申し訳ない)、6時40分には出発しました。ロビーで寝てる従業員を起こしてチェックアウト。デポジットもしっかり返してくれました。ありがとう!!

そしてそのままKLセントラル駅まで歩いて、すんなりバスに乗車できた!

宿で過ごす時間が長いのであれば、あまり居心地は良くないですが、寝るだけなら問題なし、駅から近いのでとても便利な宿でした!!

それではベトナムへ移動しましょうー!つづく☆

 

 - ベトナム, マレーシア