portytravel

旅のこと・ごはんのこと・ムエタイのこと・気になることを綴るblog

*

ムエタイをやめることにした。

   

2019年1月で、ムエタイジムをやめることにした。

 

いろいろと考えて悩んで決断したことで、とても寂しいので今の気持ちを書いておこうと思う。

 

ムエタイ大好きおばさんの、ジブン語り日記。ジブン。

 

ムエタイとか言う競技は、2015年6月に始めたので、ちょうど3年半。

 

アマチュアの大会には、6回挑んで3勝2敗1分。なんとか勝ち越してる、かな、微妙な戦績だ!

 

まぁ、戦績より何より、ムエタイを始めてからの自分の人生がとても楽しくなったということが大きい。いい大人が恥ずかしいのだが、自分のことが好きになれた。

 

日々の生活の中で、目標を持って毎日努力を続けること。

 

思い出を美化させすぎている気もするが、とにかくムエタイのおかげで充実した日々を過ごすことができた。

 

 

 

何故、やめることにしたのか。

 

いろいろと思うところはあるが、いちばんの理由は「目標を持てなくなったから」ということ。

 

最後に試合に出たのが昨年の4月。負けてしまったが、初めて自分が今出来ることを出せたと思った。

 

そこからまた努力してもっともっとうまくなって次は勝とう!ってことにはならず、自分の限界を感じた、、、とか言うのは単なる言い訳に過ぎないのだけど、そう感じたことも事実。

 

さらに4月から生活環境がガラリと変わってしまい、忙しく気持ちの余裕がなくて、練習にも力が入らず。

 

それでも少なくても週に3回はジムに通い続けていたと思う。(ピーク時は週5〜6回w)

 

そして昨年は旅にたくさん出てしまった。しかも割と長めの期間で、ごはんがおいしい国で、全力で楽しんだ。そうするとどうなるかわかるかな??度重なる体重の増加、、、

 

そこまで太って帰国するわけではないけど、帰国した後の調整が出来なくなった。

 

体の調整ができない→体が重い→思うように動けない→楽しくない→ちゃんと練習しない→体が重いまま→楽しくない、、、みたいな悪循環に陥ったのね、、、

 

 

 

このままじゃいかん、と一念発起して数ヶ月さぼってたランニングを再開した。昨年の11月くらいだったかな。

 

とりあえず体重落として、まともに動ける体にしようと試みた。

 

しかし、この頃とても体調が悪く、運動すると咳が止まらなくなり、夜寝ていても咳が止まらなくて起きてしまったりで、病院へ行くと喘息だった。悲しかった。

 

喘息の症状は薬で抑えられたので、運動することに問題はない、が、なんかもうヤル気失っちゃった!いろいろと、精神的に嫌なことが続いた時期でもあった。メンタル弱い。

 

 

 

で、今に至るわけだが、こんな状態でダラダラ続けているのも時間の無駄かなぁって思った次第であります。最近は練習行っても小1時間で終了してるからね。

 

ムエタイ嫌いになるのは困るから、ちょっと距離を置こう、みたいなそんなかんじか、、、

 

またやりたくなったら戻れば良いし、先生たち大好きだから、たまに遊びに行くんだ。ケンカ別れするわけじゃないもんね。

 

 

 

私がいちばんがんばっていたとき、ムエタイが自分の全てだとすら思っていたときだね、、、ひっそりとプロで試合出来たら良いなぁって思っていたんだ。

 

自分がヘタなことはわかっているけど、これは無茶な望みではなかったはず。

 

あのとき泣いてないでもっと努力することができれば、望みを叶えることはできたと思う。

 

私の練習環境はとても恵まれていて、強い選手がいつも一緒に練習しているんだ。女性の選手はいないんだけど、そんなことは関係なくて、素晴らしき男性選手たちと一緒にスパーリングしまくったり、いくらでもやりようがあったんだわ、自分次第で!

 

スパーリング嫌いだし、練習うまくいかなくていちいち凹んじゃうし、とにかく精神的に弱すぎる。だからダメだったんだー。あとね、めんどくさい人間関係もなくもなかったよ。笑

 

試合に出るって決めても、試合を楽しむことなんて一度も出来てなかった。もっと軽い気持ちで出来れば良かったのかもしれないなぁとは思う。

 

楽しく、良い意味の軽い気持ちでどんどん試合やってたら良かったんだけど、そう思えなかったんだから仕方ないよねー。それが自分の性格で、やるなら絶対に勝ちたかったから。

 

もう諦めてしまったので、悔しいといえば悔しいし、なんで出来なかったんだろうと悔やんでも、あのとき出来なかったんだから仕方ないし、やりたければまたやればいいさ。若かったから、とか、もう若くないから、とか、年齢は言い訳にしたくないんだ、おばさんは。

 

 

 

生活がガラリと変わってしまうのは、とても不安だし怖いけど、もうジム行かなくて良いのか、とか、こういうモヤモヤから解放されて気持ちが楽になったのが正直な今の気持ち、、、

 

ただジムをやめるだけでこんなこと考えてるって、ヤバイよなw

 

私も一応、選手というものをやっていて、はたから見ればとてもしょぼいし他人からバカにされるようなレベルかもしれない、でも私は一生懸命やっていた。良き思い出じゃ。

 

とにかく、ムエタイやってて良かった。

 

 

 

今まで、いろいろとムエタイのことを書いてきて、こんななんでもない自分語っててキモいよなぁとかいつも思っていて。

でも、こういう想いや経験を言語化するって、すごく良いなと思った。

また、ムエタイやりたくなったらこれ読んで今の気持ちを思い出したいと思う。

それじゃあ、読んでくれてありがとうね!!またね!!!

 - ムエタイ