portytravel

旅のこと・ごはんのこと・ムエタイのこと・気になることを綴るblog

*

東南アジアチョコレート菓子「beng-beng(ベンベン)」食べくらべ選手権大会

      2016/07/13

東南アジアで販売されているチョコレート菓子「beng-beng(ベンベン)」をご存じだろうか??
素晴らしくおいしいチョコレート菓子が存在するので、ぜひみなさんに知ってもらいたい!!まぁ、日本じゃ買えないけどw

今回、3ヵ国の貴重なbeng-bengを入手することができましたので、贅沢に食べくらべ選手権大会を開催させていただきました!!

選手権大会要項

開催日:2016年4月9日(土)
会場:日本の埼玉県某所 ぽるてぃ宅
参加チーム:タイフィリピンインドネシア
ルール:ぽるてぃ氏が3ヵ国のベンベンを食べくらべる。
主催:日本beng-beng普及協会(仮)DSC_0916

選手権大会 開催の経緯

あるときTwitterで話題になりまして(私のまわりでw)。beng-bengの本場、インドネシア在住の方がおいしいと言っていたのがbeng-beng騒動の始まりだったような?調べてみると、インドネシアのMAYORAという会社が販売しているみたい。

で、どうしても食べてみたくなって、どうにかして日本で入手でいないかと調べまくりました。
まず、輸入食品と言えば我らが「カルディ」。これはお友達と協力して探しましたが、売っておらず。しかしそんなことでは諦めないのだ!!「beng-bengを食べたい」という気持ちをカルディ様へメールしました。3人で。

し、し、しかし、、、

「弊社取引先数社に取扱状況を確認しましたが、どこも取り扱いがございませんでした。今後、国内での流通が確認できた際は、弊社での販売も前向きに検討いたします。」

と、ご丁なお返事をいただきましたの。カルディ様は自社で輸入するのではなく、国内にあるものを売っている会社なのだねー。勉強になった。
その後も西川口の行きつけのタイ食材店で聞いてみたり、みんな(3人)で探したのだけれども。見つからなかった。

まぁこのあと、無事にbeng-bengの入手に成功するわけなのですが、そんな私たちの熱い気持ちがこもりまくったbeng-bengなのであります!!

必死になって、3ヵ国のbeng-bengを集めることができたので、せっかくなので食べくらべを!選手権大会、というか、おまつり!!ひとりbeg-bengまつり☆

beng-beng 入手方法

①タイ beng-beng
私のムエタイ先生、タイ人なんですけど、ちょうどbeng-beng騒動のさなか一時帰国することになった。キラーン☆
聞いてみたら知ってた!タイ人もふつうに食べるそうな。でも、あまりおいしくないって言ってたなw
で、3週間の渡泰の間、首を長くして待っておりました!タイbeng-beng!!GET~~~!!!てかこの方法、トレーナーいっぱいいるからうまくいけば年に数回GETできる可能性も秘めている(笑)DSC_0917 ②フィリピン beng-beng
関西在住の私をムエタイ中毒に導いてくれたアジア狂いなお友達wが、フィリピンのマニラへ行ったときに買ってきて郵送してくれました!しかも!箱で!!やばすぎ(涙)このときはじめて、フィリピンでも販売されていることを確認。DSC_0920

③インドネシア beng-beng
神奈川県在住のお友達が、インドネシア在住のお友達に送ってもらった荷物の中に3本のbeng-bengが入っていたとのことで!!貴重な3本の中から1本わけていただきました!感謝☆
ちなみに一緒にごはんを食べたとき持ってくるの忘れて後日郵送してくれました!チップスターの容器に入れて(笑)ほんとにぴったりだったしww最高すぎるwwwDSC_0915

 パッケージ

こちらが選手たち。
左から、タイ・フィリピン・インドネシア。DSC_0916エントリーNO.1 タイ
パッケージはタイ語。タイにも工場があるのかしら??タイ国内でも、いろいろな種類のbeng-bengが販売されている模様だし。DSC_0918 DSC_0919

エントリーNO.2 フィリピン
贅沢に箱に入ったbeng-beng、サイズは少し小さめ。いろんなサイズや味の展開があるんだろうな、いいなぁ(涙)パッケージは英語表記。DSC_0921 DSC_0922エントリーNo.3 インドネシア
パッケージは英語表記っぽい。あ、でもよく見ないで捨ててしまったよ、、、もしかしたら原材料とかは、インドネシア語で書いてあったかもしれない、、、DSC_0923 DSC_0924

開封

こちら、開封後の様子。上から順番に、
エントリーNO.1 タイ
エントリーNO.2 フィリピン
エントリーNO.3 インドネシアDSC_0925フィリピンのは、もともとサイズが小さいとはいえ、結構な違い!!
タイのがやたらゴツくてボリューミー。同じお菓子に見えない!!!

いざ、実食!!!

エントリーNO.1 タイDSC_0927感想:食感はザクザクとしていて、軽い印象。見た目が大きくてゴツいのでチョコまみれなのかな?と思いましたが、ウエハースの外側についているパフの粒が大きく、量も多い。チョコの量は少ないので、さっぱりしている。
ウエハースでサンドしているハチミツの量も少な目で甘さ控えめ。タイの人は激甘を好む傾向にあると思っていたので意外でした。だからムエタイ先生好きではないのか、、、

エントリーNO.2 フィリピンDSC_0928感想:こちらは元々ひとまわり小さいサイズなので、見た目のボリューム感はありません。まわりについているのは、パフではなくてシリアルみたいな?パフを砕いたような細かいもので纏っていました。チョコレートも薄付き。
食べてみると食感がねっとりしている。味はとても甘く、ウエハースでサンドしているハチミツの量が非常に多い。ねっとりしているが、ウエハースの食感はサクサクしていて軽く感じた。

エントリーNO.3 インドネシアDSC_0929感想:こちらもまわりについているのはパフではなく、砕いたシリアルのようなもの。食感は、ややねっとり。ザクザク感もあった。ウエハースでサンドしているハチミツは、やや多め。表面を纏っているチョコも薄付きなので甘すぎない印象。

比較

3種類のbeng-bengを食べくらべてみて、思いのほか違いがあったので驚いた。

保存は基本的に我が家の冷蔵庫内に入れっぱなしではありましたが、輸送方法なども違うし、途中で溶けて再度固まった可能性も高いので、見た目や味が出来たてホヤホヤ状態から変わってしまっていることも考えられる。
それから、beng-beng自体にも、いろいろな種類があるようなので、元々違うものかもしれないし、、、
DSC_0926まぁ、それらの条件は置いておいて、、、
今回食べくらべてみて感じたこと。(個人の感想です)

まず、タイとフィリピンが、全然ちがう。その中間がインドネシア、というかんじ。

タイのは、甘さ控えめでザクザク。フィリピンのは、甘くてねっとり。インドネシアのは、中間。

断面の写真見ても、全然違うもんね。あー、製造工場とかも、ちゃんと見れば良かった!!!

結果発表

どのbeng-bengも大変おいしいのです。

しかし、選手権大会ですから、どれがおいしかったのか、いちお結果を、、、

フィリピン!!!!!!(※個人の好みです)

フィリピンの濃厚で甘く、それでいてサクサクした食感がものすごくおいしかったです。
よりによって、いちばん入手しにくそうなbeng-bengを好きになってしまうなんて!!!

でも、タイもインドネシアも、もちろんおいしいよ!!

お友達にいただいたいフィリピンbeng-beng、箱の中身がどんどんなくなっていくのが、ものすごく寂しかった。どんどん、なくなっていくの!!

beng-bengの未来

とにかく、日本に輸入して販売してくれる会社が現れるのを待ち続けます!!!
輸入会社になにかしらのアピールしてみようかな、、、だっておいしいんだもんこのお菓子。

とりあえずは、今回の3ヵ国beng-beng食べきってしまったので(涙)、8月にタイに行ったときに大量に買って来ます!!タイのbeng-beng、MAXとかなにやら種類も豊富っぽいからスーパー行くのが超たのしみ!!!

それから、ミャンマーにも行きますので、beng-bengが売っているかどうか確認して参ります。売っていたらもちろん即購入!!!

今後も他の国に行ける機会があれば、beng-beng調査つづけたい☆

国内外問わず、beng-beng目撃情報、お待ちしておりますっ。

ごちそうさまでした☆☆☆DSC_0930

 - イベント, タイ, 旅のこと, 日常 , ,